スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍のみならず、近い将来には、音楽・動画サービスも、すべて取り込む未来が見える。 愛妻家大田正文、楽天の電子書籍リーダー koboを触ってきました。

s-20120707.jpg

■愛妻家大田正文、実は著者でもあります。
そんなわけで、楽天の電子書籍リーダー koboを触ってきました。

実際に触って感じた感想と、未来の予想。

=======

■愛妻家、これまで正直、以下の理由で電子書籍には否定派でした。

◆そもそも、「iPadやiphoneを立ち上げ」→「該当アプリを立ち上げる」という2ステップの作業すら、本をカバンから出して拓くという作業に比べて、【格段に面倒くさい】
◆iPadで読むには、【重量が重すぎる、大きすぎる】
◆iPhoneでは【小さすぎる】
◆気になった部分は【書き込みたい】
◆自炊なんて、【面倒くさい】
◆各社独自のフォーマットで、【互換性がない】


=======

■ですが、今回Koboを触ってみて、「これはアリだ!」「紙の本と置き換えてもいい!」と、はじめて考えました。

◆軽い!薄い! → 重量185g、幅1cm。下手な本より軽いです。これなら、通勤電車で片手でも十分読めます。
◆調度良い大きさの画面! → 新書より、ひとまわり大きいくらいのサイズで。
◆読みやすい! → Kindle同様にe-INKなので、太陽のもとでも軽々読めます。
◆世界標準のフォーマット対応! → これでAmazonで買った電子書籍もkoboで(論理的には)読める!


■今、家のひと部屋を占めている大量の本が、Koboの中に格納されてすっきりと管理できている未来を、明確にイメージできました。

=======

■そして、きっと近い将来には、こんなサービスも始まるのだろうな、と予感させるものでした。

◆カラー化 
→ 現在はモノクロだけですが、カラー版もすぐに出るはず

◆音楽・動画コンテンツサービスも開始 
itunesや、Huluと同様のサービスもすぐにはじまるはず


■楽天が、Appleのように、楽天独自の生態系を創る日がすぐそこに来ています。

=======

楽しみです!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。