スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【愛妻家的恋愛論】【食事中の方は読まないで下さい】世の女性のみなさんへ:男性を100%落とす方法。愛妻家大田正文、妻のことを「一生、妻と人生を共にしよう」と決意した瞬間。

20120701.jpg

■愛妻家大田正文には、妻のことを「一生、この人と人生を共にしよう」と実感した瞬間があります。
今回は、そんな昔話を書きます。

=======

■あれは、愛妻家が26歳のとき。結婚してすぐのことでした。
愛妻家は、風邪をこじらせて、大熱を出してしまいました。

■そして、意識が朦朧としていた愛妻家は、布団で寝ている時に、粗相をしてしまったのです。

熱を出して、当然おなかも下っています。
わかりやすくいうと、大きな方がちょっと出てしまったんですね。

■ところが、愛妻家には起き上がる力も残っていません。

さて。……コレは困った。


愛妻家「ごめん!ちょっと来てーやー!」

妻  「なーにー?」

愛妻家「ごめん、お腹の調子が悪くてちょっと漏らしちゃった」

妻  「タオル持ってくるけん、はやく脱ぎんさい」



■結婚したとはいえ、まだ一緒に暮らし始めて2週間。
これは恥ずかしい。

……が、次の瞬間、愛妻家はさらに妻に深く恋に落ちることになります。

妻は、文句ひとつ言わずに、汚れた下着をさっとお風呂場に持って行き、素手で洗っているのです。
この時、大げさでなく、愛妻家には、70年後の夫婦の姿が明確に見えました。


あ、これは、妻と、おじいちゃん・おばあちゃんになるまでずっといっしょにいたいな

……。

■後日、元気になって、妻と話しました。

愛妻家「あの時、文句ひとつ言わずに下着を洗ってくれたでしょう?あの時、一生いっしょにいたいなって想ったよ。なんで文句言わなかったの?結婚してすぐだから、文句を言われてもしかたがないと思っていたよ」

妻  「なんで?だって、病気なんだからあたりまえじゃん」


■あー。
うん。

これはまちがいなく、一生しあわせにするよ。

=======

■世の中の女性のみなさんへ。

男性は、弱っている時に未来を想像させると、100%オチる。

という、おはなし。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。