スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「子育てで巻き起こるすべてを「私物化」してしまえ!」 愛妻家大田正文、働くママの仕事術/馬場じむこ著 を読みました。

20120411 (1)

「世界中のすべての人達は、私のために働いてくれている」

と、誰かが言った。

=======

■愛妻家大田正文、働くママの仕事術/馬場じむこ著 を読みました。
そして、この本には、子育て中のママのみならず、未婚・既婚・子供の有無を問わず、人生で使えるノウハウが満載でした。

■そんな、この本の内容を、愛妻家がひとことでまとめるとしたら。

子育てで巻き起こるすべてを「私物化」してしまえ!

ということ。

=======

■たとえば、会社での振る舞い方。

◆戦略的保留

■この世界には、やらなくても良い仕事、放っておく間に解決している仕事があります
たとえば、どう考えても緊急度が低いメールでの事務的な依頼事。
こうした仕事は、『意識して放っておく』間に、必要なくなったり、別の誰かが解決したりしてくれます。

■こうした仕事は、思い切って放っておくか、人に任せてしまいましょう
仕事の価値は、「あなたしかできないこと」を行い、「誰にでもできることは人に任せてしまう」ことにあるのですから。

=======

■たとえば、学校の役に立ちつつ、学校を私的に利用する技。

◆保育園や学校のイベント役員になって、話を聞きたい講師を呼ぼう

■学校のPTAの役員は、必ず一度は回ってきます。
だとしたら、PTAとしての役割も果たしつつ、PTAを利用して自分自身の欲求も満たしてしまいましょう

■愛妻家も、講師として招かれる機会が多いのでよく分かるのですが、学校から『公式な講師』として呼んでもらえれば、それが、講師自身の『公式な実績』になります。だから、ギャラが低くても、もしくは、ノーギャラでも、結構講師を引き受けてもらえます

子育てに付随して発生する役割は、上手に役割を果たしつつ、自分自身がやりたいように利用してしまいましょう

=======

■最後に。

子育てに直面した時、誰もが、子育てと、これからの『キャリア』を考えることになります。
そんなあなたに、この言葉を贈ります。

◆一度退職したって、キャリアは作れる

■実は、退職することは、キャリアが終わることではありません。なぜなら、退職してもあなたの仕事経験・人生経験はあなたの地肉になっているからです。そして、これまでの仕事・人生経験を活用して次のキャリアを作って行けば良いのです。

■これは、はたらくママだけではなく、全世界のはたらく人たちが胸に刻むべきコトバなのです。

=======

働くママの時間術/馬場じむこ 著


子育て・人生で巻き起こる全てを私物化する方法を知りたい方に、ご一読を、おすすめします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

ありがとうございます!

ご紹介ありがとうございます!!
私物化、確かにそうですね。
どんな状況でも、自分のプラスにできることは、あるのだと思います。
そんなヒントをたくさんいただきました!

Re: ありがとうございます!

◆多根さん、まさに、人生で巻き起こる全てのことは、いいことも悪いことも含めて、自分の人生のプラスに出来ますよね!
◆愛妻家も、そんな人生のヒントを、この本からたくさんいただきました!

> ご紹介ありがとうございます!!
> 私物化、確かにそうですね。
> どんな状況でも、自分のプラスにできることは、あるのだと思います。
> そんなヒントをたくさんいただきました!

ご紹介

とっても詳細にご紹介くださりまして、ありがとうございました。嬉しいです。
保留という言葉は悪くとらわれがちですが、うまく使いこなせると武器になりますよねー

Re: ご紹介

馬場さん、自分でないとできない仕事にフォーカスすることが、結果として社会全体の成果を出すことにつながりますよね!そのための「保留」です。

> とっても詳細にご紹介くださりまして、ありがとうございました。嬉しいです。
> 保留という言葉は悪くとらわれがちですが、うまく使いこなせると武器になりますよねー
Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。