スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『クライアントが世の中に価値を提供して稼いだお金がボクのギャラになっている。だから、失礼な使い方はできないよね。(PRコンサルタント・野呂エイシロウさん)』 愛妻家大田正文、ラジオ日経アサカツ!月曜日「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」で、ラジオパーソナリティとしてデビューしました。

ボクのクライアントが世の中に価値を提供して稼いだお金が、ボクのギャラになっている。だから、失礼な使い方はできないよね」
放送作家・PRコンサルタント 野呂エイシロウさん


◆愛妻家大田正文、野呂エイシロウさんのこの笑顔にホレました。
20111211-1 (2)

■愛妻家大田正文、前代未聞。
普通のサラリーマンが、ラジオ番組を持ちます。
そして、普通のサラリーマンが、ラジオパーソナリティをやります。


■というわけで、2012年1月スタートのラジオ日経 アサカツ!月曜日

タイトル:「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」

の初収録を、東京・大手町の日本経済新聞本社にあるスタジオで、行いました。

◆記念すべき第一回目のゲストは、放送作家・PRコンサルタントの野呂エイシロウさん。
野呂エイシロウさん Official Blog
野呂エイシロウさん Wiki

20111211 (1)

■ラジオ内容は、2012年1月2日の放送、もしくは、放送後配信のPodcastをお聴きいただくこととして、今日は、こぼれ話を。
実は、収録当日の朝、facebookで野呂さんから、ランチのお誘いメッセージをいただきました。

「本日よろしくです。収録前はあいてませんか?ランチでも~と思ったのですが・・・」

……え、これってなんのご褒美ですか?もちろん、万難を排して伺いますとも!

■というわけで、丸ビル5階のブラッスリー&ワインBuzzで、ランチを兼ねて収録の打合せ。
http://www.bwc-buzz.jp/

20111211-1 (3)

■野呂さんとの打合せの最中に、「お金」は世の中に価値を提供した「結果」なのに、「お金」それ自体を目的に履き違えている人が多い、という話になりました。
そこで、野呂さんが、話してくれたこと。

愛妻家 「野呂さんが常に稼がれているのは、野呂さん自身がクライアントや、世の中に価値を提供している結果だということが、愛妻家にもよくわかります」

野呂さん「ボクのクライアントが世の中に価値を提供して稼いだお金が、ボクのギャラになっている。だから、失礼な使い方はできないよね」

愛妻家 「野呂さんにとっては、お金を使う時も常に『投資』なんですね。お金を使って得られるモノやサービス、例えばいま食べている美味しい料理も、野呂さんにかかれば、クライアントのビジネスのネタになるかもしれない

野呂さん「そういうこと」

愛妻家 「わかりました。野呂さんは、世の中に価値を提供する→結果としてお金をいただく→投資として返ってくるものやサービスにお金を使う、という循環をぐるぐる行なっているわけですね」

野呂さん「流石、そのとおり」


■最後に、収録後に、野呂エイシロウさんがfacebookで公開されていた、収録後の感想をご紹介。

===

本当に感謝である。

ラジオ日経のアサカツ!に登場した。
http://www.radionikkei.jp/asakatsu/

MCはなんと、 愛妻家大田 正文さんである。
1月2日放送の収録で、放送作家のボクがゲストである。
なんだか、逆のような気もするが、それはそれ。

それにしても大田くんは、話を聞くのがうまい。
ラジオパーソナリティとしても、声がいいのが素晴らしい。

スピード感こそないが、
話の本質を聞き出す能力は抜群である。
余分なことも言わないし・・・。
美人な奥さんおい話をするときは、本当に嬉しそうである。

今日は、学生の頃の話。
更に放送作家の話。
今の話。

こういう取材というか、
番組に呼ばれると、本当に自分がやりたいことが次々と浮かぶ。
取材をうけつつ頭の整理もしていたのだ。

あと、アイディアも結構浮かんだ。
新しい本の企画、ビジネスの企画が幾つか・・・。
すぐに、メモをして、Facebook更新である。

だから、本当に感謝である。
大田くんと、こんなにマジな話をするのは初めてである。
酒を飲んだり、
朝から、新聞を読む会で遭ったりするぐらいである。

さて、次の打合せに行きますか・・・
次は某自動車会社の新企画である。

それにしても、この番組の第一回目のゲストがボクというのはありなのか?
1月2日放送です。
ぜひとも・・・


===

◆オンエアでは、もっともっとビジネスや人生にとって価値がある、濃い話題を話しています。
来年、2012年1月2日(月)7:35~のオンエアをおたのしみに!

20111211 (3)


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。