スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『問題が起こった時、本当の問題は、自分が問題をどう捉えるかということ。僕は、『自分で選んだ感』を、たいせつにしたいんです。』愛妻家大田正文、コーエーテクモゲームス執行役員 猪瀬祥希さんをお招きし、講演会を開催しました。

あなたは、こどものときに、もっともムチュウになったものを、つくったひとに、逢ったことがありますか?
愛妻家にとって、今日は、そんな夢のような、素晴らしいいちにちだったのです。


◆今日の僕は、オトナの少年だった-。
20111113 (4)

■愛妻家大田正文。
2011年11月13日(日)は。

◆コーエーテクモゲームス執行役員 猪瀬祥希さんをお招きし、講演会を開催しました。
20111113 (3)

猪瀬祥希さんは、テーカン・テクモ・コーエーテクモゲームスで。
ゲームセンター・ファミコン・スーパーファミコンのゲームを、実際にプログラムされた方で。

愛妻家が、ファミコンにムチュウになっていた、小学校~高校生の頃。
あのとき、プレイした数々のゲームを創った方。

◆今回は『偶然を、運命に変える働きかた』と題して。
20111113.jpg

猪瀬さんのキャリア、そして。
入社から現在までのゲーム制作を通して得た、人生でたいせつなことを。
おはなしいただきました。

◆この店舗でダメだったら、最後にしよう。 

『ところで君、ゲーム作れる?』
『作れます』
→本社採用ね。

重なった偶然を掴んで、テーカン(当時のテクモの社名)に入社したこと。


◆猪瀬さん 『ファミコンのこの機能、こんなふうに使っていいですか?』
任天堂 『……その手があったか』


ファミコン版、キャプテン翼で、全画面に絵を出すという、性能上の難題に。
工夫の末、ファミコンの性能の限界の裏を見つけた瞬間。


◆『プロレス技を入れると、凄く面白くなるんじゃない?』

期限まで、あと2週間での、ブレイクスルー。
そこから、ぐっと面白くなった。

『このゲームは、とても面白い売れ方をしたんです。』
『普通のファミコンソフトは、小売からの発注は1回きりがほとんど』
『だけど、このゲームは2年間にわたってリピート注文が入り、売れ続けたんです。』

キャプテン翼の開発途中に。 
何もない状態から、2か月で作った、つっぱり大相撲。


■当時のファミコンゲーム開発は。
性能や容量といった、制約だらけの中で。

工夫を重ねることで、いかに限界を超えたゲームを創るか。
それに挑戦し続けた猪瀬さん。

■ファミコンの制約は、そのまま。
あなたや、愛妻家が働いている「仕事」にも通じます。

どんな仕事も、制約と制限の中で。
どれだけ工夫して、最大の結果を出すか、ですから。


20111113 (2)

最後に、こんな質問を。

Q 猪瀬さんが、問題や課題が起こった時に、常に前向きに進んでいける秘訣は何ですか?

A 問題が起こった時、本当の問題は、自分が問題をどう捉えるかということ。
僕は、『自分で選んだ感』を、たいせつにしたいんです。


猪瀬さん、参加者のみなさん。
きょうは、ほんとうにありがとうございます!

♪何処までもこの世界は 素晴らしくてしょうがないな
♪悲しみの爆弾を どこかへ持ってってくれないか?

◆コスモドライバー∞UPより、『マイティボンジャック』の歌声に乗せて。



◆猪瀬祥希さんが、プログラムされたゲームたちのディスコグラフィー。
そして、今の愛妻家を創った、ゲームたち。

スターフォース(アーケード)
マイティボンジャック(アーケード)
アルゴスの戦士(アーケード)
マイティボンジャック(ファミコン)
つっぱり大相撲(ファミコン)
キャプテン翼(ファミコン)
キャプテン翼Ⅱ(ファミコン)

……他、多数。




このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。