スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【夫婦の絆を深める社会貢献 プロローグ】2008年10月28日 家族が増えました。(ベトナムに。)

■愛妻家、夫婦での社会貢献を語る前に。
プロローグとして。 

2008年10月28日 mixiに投稿した日記の内容をお送りします。

=================

※長文です。
※そして、今日は心の内を吐露します。

vietnam1.jpg vietnam2.jpg

■写真の子供達が。

今日から。
僕たち夫婦の。

新しい家族の一員です。

■途上国への寄附を始めました。

■途上国の地域開発に貢献しながら。
現地のチャイルドと交流できるプログラム。

国際NGO プラン・ジャパンの。
スポンサーシップに申し込みました。
http://www.plan-japan.org/home/


■そして、今日。
ベトナムの男の子と女の子。

ふたりのプロフィールと写真が届いたのです。

---------------

■きっかけは。
2008年 10月初旬のベトナム旅行。

街中には。

◆道行く外国人にティッシュを売ろうとしている貧しい幼女。

◆戦争か、病気か。
 足がたたずに、地面を這いながらお金を貰おうとする男性。 

◆お金を貰おうと、観光客の背後で懇願する、目が見えないお婆さん。


■そして。
そんな人に出会う度。

その全ての人に。
お金を渡そうとするおくさん。

■さらに。

お金をあげることが。
その人にとって本当の優しさではないと。

きつく止める僕。

■おくさんは言うんだ。

「だって、あんな小さな子が生活のために売っているんだよ。」
「だって、あのおばあさん、目が見えないんだよ。」

・・・だって、だって。
あのひとたちのせいじゃないんだよ。


■・・・僕だって。
同じ気持ちだ。

だけど。
だけどね。

悲しいけれど。

今、この人たちにお金を渡しても。
その日いちにちを過ごせるだけで。

根本的な解決には。
何もならないんだよ。

・・・今後、この人たちのことを。
一生見られるの?


■・・・ベトナムに行ってから。
僕はずっと。

やるせない気持ちだったんだ。

■そして。
帰国後。

色々な寄付団体の活動を調べまくった。

■そして。
プラン・ジャパンの活動が。

特定の個人ではなく。
地域全体を応援する、という活動が。

最も。
僕の考えに近かったんだ。

■おくさんに言う。

「ねえ。人生で大切な話をするよ。
 ベトナムのこども達と、交流しながら。
 ベトナムの地域開発に寄付しようと想うんだ。」


おくさんは言う。

「わたしも、おなじ事をかんがえていたよ。」

■僕たちが生活する以上に。
手元にあるお金は。

人生を豊かにするための。
おまけだから。

------------

■これから。
この子たちに僕たち夫婦の写真と手紙を送ります。

これからはじまる。
こども達との交流を想って。

僕は。
おくさんは。

顔を見合わせて。

微笑ったんだ。

■いつか。
きっといつか。

この子たちに逢いに。
ベトナムに行こう。
 
=================
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。