スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛妻家大田正文、人生の先の先を見通す秘訣をこの本の内容に見た。マイケル・ルイス著/世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち

ほんとうの投資とは、この本の内容くらい、孤独なもので。
かつ、自分自身がその孤独に勝たなくてはならない、ということを教えてくれる。

愛妻家大田正文


世界中が、アメリカ初の住宅好況によっていた2000年代半ば
そのまやかしを見抜き、
世界経済のシステム自体が破綻する方に賭けた
一握りのアウトサイダーたちがいた。

難攻不落の鉄壁のまやかしを演出するのは、
ゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズなどの投資銀行
ムーディーズなどの格付け機関に、米国政府。

彼らに挑んだその大相場を人は、
「世紀の空売り(ビッグ・ショート)」と呼んだ。


■愛妻家大田正文、

◆マイケル・ルイス著/世紀の空売り


を、文字通り夢中で読みました。

■サブプライム問題が起こることなど、予測もできなかった好況の中で。
なぜ、世界経済が崩壊する方向に賭けることができたのか。

その、先を見通す資質が何なのか、を知りたかったから。

◆人生の先の先を見通す秘訣
◆人間の強欲
◆投資の孤独な本質と、しかしそれを克服することで得られるもの


その答えが、本書の中にあります。

■目次のタイトルを一部紹介するだけでも、本書の魅力が伝わります。

◆序章 カジノを倒産させる
サブプライム・ローンの破綻に端を発する世界同時恐慌。
それを予測していた一握りの男たちのリストを私は入手する。
彼らはカジノの裏をかいたのだろうか?

◆第四章 格付機関は張り子の虎である
ウォール街に就職できない人間が格付機関に就職する。
投資銀行にとって彼らの裏をかくことは朝飯前。
アイズマンらはそのからくりの究明に着手することに

◆第六章 遭遇のラスヴェガス
サブプライム業界の人間が全員集合したラスヴェガスで、アイズマンも初めて買い方の人間と相まみえる。
信じられない虚飾の宴の只中で、正気なのはどちらか



投資のみならず、人生の先を見通す方法を知りたいあなたに。
愛妻家、心からおすすめします。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。