スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第6話……たすけて」。 ※この物語はフィクションです。

============
【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 プロローグ。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-439.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第2話「理不尽」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-440.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第3話「Perfume of love」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-441.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第4話「男の役割」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-443.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第5話「中途半端なやさしさは」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-445.html
============



「今日、お話いただいた内容。話すのに、勇気が要ったと思います。ありがとうございます」

彼女が応える。

「……勇気は要りました、正直。」

「わたし」

「まささんだから、お話ししたんです」

「ごめんなさい、こんなこと言うと、プレッシャーになっちゃいますよね」

彼女の気持ちに気づかないふりをして。
僕は微笑む。

「ありがとうございます。その言葉をいただけただけで、僕が生きている意味があります」

渋谷駅。
ここから、彼女とは反対方向。

「まささん、私、またご相談させていただいてもいいですか?」

「はい。何かあったら、いつでも連絡してください」

「はい!ありがとうございます!」

別れ際。
僕は、彼女と握手する。


相手と握手するその一瞬で。
僕はいつも、相手の性格と、その時の気持ちを判断している。

握手の仕方や。
握手の時の握り返す握力。

握手は、その一瞬の振る舞いで、驚く程相手の性格と気持ちが出る行為なのだ。


彼女は。
右手で握手をする僕の手を、左手でやさしく包み込み、こう言った。

「まささん、今夜はほんとうにありがとうございます。わたし、今夜、まささんに相談できてよかったです」

「おやすみなさい」
「おやすみなさい」

……。

帰宅途中。
埼京線の中。

僕は、携帯から彼女にメールを打つ。

『今夜は遅くまで、ありがとうございます。素敵な週末を!』

その後、ドアのガラスに映る、自分の姿を見つめながら。
今夜の出来事を思い返す。

(……彼女は、助けを求めているだけだ。)

不意に、携帯が震える。

彼女からの返信。

『まささん、今夜は本当にありがとうございます。
 まささんに話を聞いて頂けて、気持ちが凄く楽になりました。

後、わたし、今日、ひとつだけ。
はんぶん、嘘をつきました。

最近他に気になる人がいるんです

って。


気になる人ができたの、今夜なんです。


おやすみなさい。』  

耳元のiPodからは、ポルノグラフィティのネオメロドラマティックが流れる。



 君の 「愛して」が 僕に たすけて と 確かに 聴こえた

 

帰宅。
ドアを開けると、妻、順子の声が聞こえる。

「あ、まさくん、おかえりー」

「ただいま」

「今日、友達の相談、うけてたんでしょ?どうだった?」

「うん」

僕は、順子をぎゅっと抱きしめる。

「ちょっと、まさくん、どうしたのよー」

順子は笑う。

「うん」

僕は言った。

「青春に、巻き込まれた」


■第一部 おわり

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。