スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第5話「中途半端なやさしさは」。 ※この物語はフィクションです。

============
【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 プロローグ。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-439.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第2話「理不尽」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-440.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第3話「Perfume of love」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-441.html

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第4話「男の役割」。はこちら。
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-443.html
============


「帰りは、渋谷まで出て、JRですか?」
「はい。まささんは?」
「僕も渋谷からJRです」

「じゃあ」

彼女は、僕に一歩近づいて、上目遣いで、僕の顔を覗き込む。

「渋谷まで、一緒に歩いて帰りませんか?」

「はい」

彼女と僕は、渋谷に向かって青山通りを歩きはじめた。

クリスマスイルミネーションで彩られた週末の青山通り。
行き交う人々の顔も、いつもより幸せそうに見える。

「わあ、綺麗」

「もう、クリスマスですね」

「そうですね」

僕は、彼女の顔を振り返りながら言った。

「今夜は、ありがとうございます」

「え?」

「打ち明けていただけたことが、とても嬉しかったです」

「そんな。お礼を言うのは、わたしのほうです。まささんの貴重なお時間をいただいて。すみませんでした」

「そんなことないですよ。
今日、お話しいただいた話は、誰にでも話せる事ではありません。その相手に、僕を選んでいただいた、その気持ちが嬉しいのです」

「だから、ありがとうございます」

「……。」

突然。
彼女は、無言になった。

……お互い、言葉を交わさぬまま、ふたり、歩く。

そして、青山学院大学の前まで来たとき。
急に、彼女は立ち止まった。

「まささん」

彼女の瞳から、大粒の涙がこぼれる。

瞬間、彼女は僕の胸に顔をうずめて、静かに泣き始めた。

「まささん、わたし、悔しいです」

彼女は言う。

……僕は。
空を見上げる。

冬の透き通った夜空に、綺麗な星が瞬いていた。

-。

僕が、独身だったなら。
僕の胸で泣いている彼女を、この手でそっと包み込めば、よかったのだろう。

だが、その行動は、彼女を傷つけてしまうだけだと、僕は解っていた。

相手の人生の責任を、全て引き受ける覚悟がなければ、中途半端なやさしさは、ただ、相手を傷つけるだけなのだ。

(泣き止むまで、こうしていよう。)

僕は、彼女の頭をぽんぽんと撫でた。

……。

「ごめんなさい」

「いえ、泣いていいですよ。涙が洗い流してくれる想いもあります」

僕は続けて言った。

「今日、お話いただいた内容。
 話すのに、勇気が要ったと思います。
 ありがとうございます」

彼女が応える。

「……勇気は要りました、正直。」

「わたし」

「まささんだから、お話ししたんです」

「ごめんなさい」


「こんなこと言うと、プレッシャーになっちゃいますよね」


■つづく。
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。