スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 第2話「理不尽」。 ※この物語はフィクションです。

============
【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 プロローグ。はこちら
http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/blog-entry-439.html
============


「だって、まささんを誘い出すために『相談したい』って言ったから」

彼女は悪戯っぽく微笑んで、席に着いた。

(あ……。)
(これは、巻き込まれちゃったかもしれないな)

「先に頂いています。飲み物、お酒にしますか?」

「じゃあ、赤ワインにしようかな」

「お腹すいたでしょう。食べ物、何がいいですか?」

「まささんの食べたいもので」

「じゃあ、2人で好きな料理を頼みましょうか」

他愛のない会話の裏で、僕の脳はフル回転で、今夜の落とし所をどこにするか考えていた。

以前。

明石家さんまは、トーク番組の最中、後ろにのけぞりながら笑っている時に、オーバーアクションで時間を稼ぎながら、次の話の展開を考えている、と聞いた事がある。

もしくは、コンサルタントがお客様から質問を受けた際、

「いい質問ですね。その質問への回答は3つあります」

と話している間に回答を考える、時間稼ぎにも似た状況。

この時の僕は、まさに、そんな状況だった。


程なくして、お店のスタッフが、彼女に赤ワインのグラスを持ってくる。

「乾杯」

キン、と、透き通った音色でふたりのグラスが鳴る。

「今日はお誘いいただき、ありがとうございます。…それで、相談って何ですか?」

彼女はワインに、ひと口、口をつける。
ワインの赤と、グラスに移った彼女の唇の赤のコントラストに、少しだけドキッとする。

「わたし、どうしたらまた、人を信じられるようになりますか?」

「!……。」

「っていう相談がしたくて」

今の一瞬の間。
彼女は、間違いなく僕の反応を観察していた。

「何があったんですか?」

「……実は。
最近、会社で直属の上司に急に理不尽な扱いを受けるようになったんです」

「理不尽な?」

「はい」

彼女の話はこうだった。

彼女の仕事は、食品メーカーの営業。
入社6年目、28歳の彼女は直属上司である42歳の課長の下、チームリーダーとしてチームをまとめている。

優秀なメンバーにも恵まれ、結束力の固かった彼女のチーム。

ところが、これまでチームの日々の運営を彼女に任せていた課長の態度が、三ヶ月ほど前から急変した。
曰く、チームの中で彼女にだけ理不尽なノルマを課し、メンバーの前で毎日叱責するというのだ。

「わたし自身が課長からきつい言葉を言われるのは、まだ良いんです。でも、メンバーみんなの前できつくいうものだから、チームの中もギクシャクしちゃって」

「課長の態度が急に変わったんですか?」

「はい」

「何故、課長の態度が三ヶ月前から旧に変わったのか、何か心当たりはありませんか?」

「……。」

頬に手を当て、考えている彼女。
僕はそのとき、彼女の表情から刹那、笑顔が消えたのを見逃さなかった。

ひと呼吸置いて、彼女が口を開く。

「・・・・・・別れたんです」

「え?」

「課長と別れたんです。三ヶ月前に。」

「わたし、課長と付き合っていたんです。」

彼女の頬に、笑みが戻った。


■つづく。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。