スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【突発的に書いてみた】愛妻家的恋愛小説 プロローグ。 ※この物語はフィクションです。

「わたし、結婚するんです」

最初に沈黙を破ったのは、彼女だった。

「それで、今月末で会社を辞めることになったんです」

「え……」

「わたし、結婚してしあわせになります。それが、あの人への最高の復讐だから」

「……。」

「あっ、後。」
「……わたし、『ボタンを押した』んですよ」

……僕は。
今日、彼女と最期の会話を交わすきっかけになった、あの日のことを、思い出していた。

=====

「まささん、週末の夜、空いている日があったら、お時間をいただけませんか?」

不意に彼女にそう言われて、僕はほとんど反射的にこう応えていた。

「いいですよ。何かありましたか?」

「実は、仕事の事でご相談したい事があるんです」

「じゃあ、今週の土曜日19時から、外苑前ではいかがですか?ご飯を食べながら、お話、教えていただけますか?」

「はい!」

今、振り返ると。

この時の僕はまだ。
彼女ことを、何も知らなかった。
知らなかったのだ。

■土曜日、外苑前。

すこし早目に彼女との待ち合わせのお店に着いた僕は、薄暗い店内の間接照明にスクリュードライバーのグラスを傾けながら、何故、彼女に誘われたのか、考えていた。

彼女と出会ったのは、半年ほど前。

丁度、

「朝活」「休活」といったキャッチフレーズで、できる社会人は会社とは別のコミュニティで人脈を拡げています!!

そんなニュースが、メディアで盛んに特集されはじめた頃。

それは、数々のメディアでの勉強会紹介が牽引役となり、はじめて勉強会に参加する20代、30代が増えはじめた頃でもあった。

そんな中、とある勉強会で席が隣になったのが、彼女とのはじめての出会い。
それ以来、彼女とは色々な勉強会の場で顔を合わせるようになった。

ーだけど、僕はこれまで、彼女と2人で話した事がない。
彼女といる時は、必ず、勉強会仲間が側にいるからだ。

そういえば、彼女の仕事の話を聴くの、今日がはじめてだな。

……。

「まささん!」

背後からの弾むような声に、ふっと我に返った僕は、声の方向を振り返る。

そこには、これまでの彼女からは想像ができない位、まるで別人のように見違えた彼女が立っていた。

控えめなファンデーションと、対照的に、燃えるように赤い口紅。その上から塗られたグロスが、唇に程よい光沢を与えている。

そして、お店のスタッフに預けた彼女のコートの下から現れたのは、ボディラインが強調される、しかし落ち着いた雰囲気の、全身黒のドレス。

間接照明の中に浮かび上がるその姿に目を奪われ、彼女の耳元から香る香水の香りに僕の嗅覚が気付くまで、少しだけ時間を要した。

……あれ?この香り……。

「ごめんなさい。お待たせしちゃいましたね」

「いえ、僕もさっき来たところですよ」

「でも良かった。来ていただけないかと思っちゃいました」

「約束したら来ますよ。でも、何故来ないかもって思ったんですか?」

「だって、まささんを誘い出すために『相談したい』って言ったから」

彼女は悪戯っぽく微笑んで、席に着いた。


■みなさんから続行の希望があれば、つづく(かも)
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。