スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「今は、本当に起業のチャンスに溢れている。やるか、やらないかだけ。 」愛妻家、有限会社マルコポーロジャパン代表取締役 花村浩二さんをお招きして経営者とランチ交流会。

今という時代は、本当に起業のチャンスに溢れています。
大手が参入しないニッチな隙間がたくさんあります。
自分が好きな分野で考えれば、そうした隙間があります。
後は、やるかやらないかだけです。

+有限会社マルコポーロジャパン代表取締役 花村浩二+



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
10/30(土)12-14:30 有限会社マルコポーロジャパン代表取締役 花村浩二さんと経営者とランチ交流会@銀座。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=57429021&comment_count=7&comm_id=5061008
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


■愛妻家大田正文。

シェ・松尾で修行された安東さんがシェフを務め、
先日、いきなり!黄金伝説でも紹介された
銀座一丁目のフレンチ hyaku×amour ヒャクアムールで。
http://r.gnavi.co.jp/e900200/map1.htm
経営者とランチ交流会を主宰。

今日のゲストは、
海外旅行先でのイベントチケット手配をビジネスにしている、

有限会社マルコポーロジャパン代表取締役 花村浩二さん
http://www.mpj-ticket.com/index.htm
http://www.mpj-ticket.com/corporateprofile.htm

◆何故か、AKB48のサインを持つ愛妻家と花村浩二さん。


■今日、心に刻んだ、花村浩二さんの価値観。

◆僕のビジネスは、大手が参入しないニッチモデル。
すきまのなかのすきま。
◆今は本当にチャンス!
自分が好きな分野で掘り下げると、そういうニッチがたくさんある。
◆このビジネスを、じじいになるまでやりたい(ほど大好き!)


■その他にも、ここでは絶対に公開できない、

◆花村浩二さんのビジネスのノウハウのキモ・コア部分
◆ビジネスパートナーの人心掌握術
◆突然の節税談議

等など、いつにも増して濃い情報交換を行いました。

■そして、会の終了後の帰り道で。
花村浩二さんが話した言葉。

僕は今日、やればできるという事をみなさんにお伝えしたかったんです。

■花村浩二さん、参加者のみなさん。
素晴らしい時間を、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。