スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社絵本ナビのサイトで、毎月、娘のための絵本が届く「絵本クラブ」を申し込みました。

ehonclub2.jpg

■株式会社絵本ナビのサイトで、毎月、娘のための絵本が届く「絵本クラブ」を申し込みました。
今回申し込んだ理由は、2点あります。

■一点目の理由は、僕自身、物心つく前から本が大好きな人間だからです。

覚えている限りで一番最初のクリスマスにサンタさんにねだったプレゼントが絵本でしたし、小学校時代は1年生~6年生まで、毎年「学年で最も本を借りた人ランキング」トップ5に入るほど本を読んでいました。

子供時代から本が大好きだからこそ、自分の著書を書くことができたのだ、とも思っています。

そんな自分自身の経験から、娘にもぜひ本を好きになってもらいたい、本の内容から人生を切り開いて欲しい!という親心の思いをこめて、今回の「絵本クラブ」を申し込みました。

■第二の理由は、3年前、僕が日経ラジオでラジオ番組を持っていたときに、ゲストとして絵本ナビの社長 金柿秀幸さんと対談したことがあったからです。

対談の際、金柿さんはご自身のこんな経験談を話してくれました。

「仕事が忙しくて、子供に対して父親としての役割を果たせない気持ちがあったとき、ある日子供に絵本の読み聞かせをしたら、子供がとても喜んだんです」

金柿さんとの対談時には子供がいなかった僕にも、娘ができました。そして、まさに、僕の今の状況が、当時の金柿さんと一緒なのです。仕事が忙しすぎて、娘との時間を取ることがとても難しくなってきているのです。

だからこそ、絵本を通じてもっと娘の成長の役に立ちたい、娘の笑顔を見たい、という強い思いを持って申し込んだのです。 

◆このように、毎月数冊、絵本ナビおすすめの絵本が届きます。
ehonklub1.jpg

■絵本が届くのが、そして、絵本を媒介に娘との豊かな時間をすごせることが、今から本当に楽しみです。

関連記事:【3/12(月)7:35-8:00放送】「僕は今、43歳なんですが『今がいちばんの成長期』なんです」 愛妻家大田正文、株式会社絵本ナビ 代表取締役社長 金柿秀幸さんに「オトナが、いきいき楽しくはたらくヒケツ」をテーマに、深く斬り込んでいきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。