スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人名刺』の爆発的威力!~愛妻家の誕生前夜~

「僕」も、個人名刺を作ってみよう!

■当初、「僕」には、深い考えがあったわけではありませんでした。
なので、いちばん最初に作成した名刺はコレ↓

meisi1.jpg

・・・今見ると、全然ダメです。
何が相手に伝えたいのか、全く考えていない内容でした。

「あ~、絵日記描かれているんですか?」
・・・案の定、初対面の方と名刺交換しても、その後につながらず。

■この経験から、すぐに「僕」は名刺をリニューアルすることにしました。

そして、そこにあったのは、

『初対面の方と名刺交換したときに、話題になる内容ばかりちりばめよう!』

という、『楽しさといたずら心』だけでした。

■そこで、僕は作成にとりかかる前に、まず考えました。

・個人名刺は、自分自身のブランドを相手の方にわかってもらうもの
・ブランドとは、社会との約束。つまり自分自身のブランドは、自分自身の社会との約束。

■話はかわりますが、現在、親しくさせていただいている「商品開発の会」主宰者の売れ顔カリスママーケッター 嶋ひろゆきさんの著書「売れ顔の法則」に、こんな一文があります。



『あなたのことを知らない、主婦のおばちゃんや小学4年生の子供にも、あなた自身を30秒でわかってもらい、覚えてもらえる『顔』=パッケージを持とう。』

余談ですが、この「売れ顔の法則」、ヒット商品を創るためのマーケティング本ですが、「僕」は『自己ブランディング』本として読んでいます。
『ヒット商品=自己ブランド』確立のためにもものすごく役立つ内容です。

一読の価値あり、です。オススメです。

■・・・個人名刺を作るときの僕は、それこそ。

『「僕」のことを知らない、主婦のおばちゃんや小学4年生の子供にも、僕自身を10秒でわかってもらえ、覚えてもらう『顔』を持つ。』

ことを、無意識のうちに目的としていたのです。

■個人名刺を作る前の、「僕」の思考です。

「「僕」の自分ブランドって何かなぁ・・・。」
「知らない人に「僕」のことを10秒で判ってもらうには『キャッチフレーズ』が必要だな。」
「そもそも、勉強会に出ようと想ったきっかけをくれたのは『おくさん』に対する熟年離婚の恐怖だったなぁ。」
「その気持ちは、突き詰めると、おくさんが知人がひとりもいなかった東京で、あんなにたくさんの友人を作っていることに対する尊敬の念があるな。」
「個人名氏には写真を入れよう。でも、自分の写真だと当たり前すぎて面白くないなぁ。」
「色々考えてみると、きっかけをくれたのは全部おくさんだなぁ。」
「欧米の男性は、パートナーである女性を尊重しているけれど、なんで日本人はおくさんのことを語らないんだろう。そんな男が日本にもひとりくらいいてもいいんじゃないかなぁ。」


■その結果。
最初に出来上がった個人名刺がコレでした。

meishi2.jpg

・人とのご縁のたいせつさとやさしさを、グリーンの四葉のクローバーで表現
・写真は、銀座のキルフェボンで買ったタルトを、家まで我慢できずにふたりで東京国際フォーラム前で食べたときに激写した、うれしそうな顔のおくさん
・キャッチフレーズは『愛妻家』


現在の個人名刺につながる基本形が出来た瞬間でした。

そして、はじめての個人名刺作成と時期を同じくして、僕はいよいよ、はじめて自分が主宰する交流会を立ち上げたのです。

【次回:結婚記念日に、『金曜夜はカフェごはんで交流会。』の誕生。につづく。】
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。