スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【美と仕事とパートナーシップ】パワーママモーニングのイベントで、株式会社カラーズCE0 経沢香保子さん&椿奈緒子さんの対談を聴く。【そして子育て】



■パワーママモーニングのイベントで、株式会社カラーズCE0 経沢香保子さん&椿奈緒子さんの対談を聴いた。
話題は「美と仕事とパートナーシップ、そして子育て」。日々、もうすぐ2歳の娘の未来を楽しみに生きる愛妻家としても感心ど真ん中だ。

経沢さんのお話で、印象に残った話と、付随して僕が考えた事を書き残しておく。

【チーム育児】
「昔は『子供ひとり育てるのに村ひとつ』と言われていた。そこで私は子育ての環境を整えた。親を呼び寄せ、保育園の目の前に住み、(ベビー)シッターさんにお願いした。こういう話をすると『経沢さんはお金があるからできるんだろう』と思われるかもしれない。だけど、その中でもシッターさんにお願いする金額が高すぎる。だからこそ、昨日カラーズの事業としてベビーシッターサービスキッズラインをローンチした」


■『チーム育児』という言葉に非常に共感した。

我が家は娘が生まれてからは、僕・妻・娘・妻の母・妻の妹の5人で暮らしている。家族構成で言えば、僕と妻が共働きであること、妻の母&妹と一緒に住まなければいけない家庭的な事情があるためだが、実際に子供1人に対して大人が4人居ると、大概の緊急事態に対処できるのだ。例えば、仕事で僕と妻の帰宅が遅くなるときも、風邪等で体調を崩すときも3人までであれば何とか回る状態になっている。

もちろん、人に言えない苦労も多々あるが、子育てに関してメリット・デメリットで判断すれば、断然三世代同居万歳である。

■加えて、娘が生後2ヶ月のときから保育園にも通っている。大人が4人いても、4人のうち誰かが毎日子供の世話をしなければならなくなると積んでしまうからだ。

子育てに使えるものは何でも使う。「チーム育児」万歳。

【仕事で成果を出す】
「何者かになりたければ、どんな些細な分野でも良いので一番を取らないと人の記憶に残らない。二番じゃだめなんです。」


◆経沢さんは「レッドオーシャンを選ばない。土俵を選ぶ」と話していた。
自分が持っているカードを冷静に分析し、他人に勝てる土俵に上がることで一番を取る確率を上げる、ということだと理解した。

■仕事の都合で途中退出してしまったが、「パートナーシップ」という意味で、イベントに参加されていた女性・ママの皆さんに「みなさんの家庭では、パパはどのくらい家事・育児をしていますか?」と質問してみたかったのが心残りだ。(イベント参加者が僕以外全員女性だったこともあって)
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。