スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2,500円で買ったジャンクPCにオープンソースのOS Lubuntuをインストールし、充分使えるPCを作った話。

lubuntu4.jpg

■東芝からGoogleChromePCが発売されるとの話もありますが、数万円ものお金を出さなくても、数千円で十分実用に耐えるPCを創ることが出来る、というお話です。

■先日、中古PCショップを覗いてみると、ワゴンに格安のジャンクPCが山のように積まれていました。

その中に、東芝Dynabook S30 106S/2W のHDD初期化済・動作未確認のPCが2,500円で売られているのを発見。通電チェックをした所問題無く動きそうだったので、購入してオープンソースのOSを入れてネット用PCを作ることにしました。

■Dynabook S30 106S/2Wは、2006年8月発売のWindows XP用マシン。

・CPU : Intel® Core™ Solo プロセッサー 超低電圧*版 U1300 動作周波数1.06GHz
・メモリ : 512MB
・HDD : 40GB

と、最近のOSを動かすにはちょっと非力なスペックです。

■最初は、オープンソースOSとしてUbuntuをインストールしようかと考えていたのですが、このスペックでは動作が遅すぎて使いものにならないため、動作が軽いlubuntuをインストールすることにしました。

愛妻家の他にも「古いPCで試してみたい!」という方がいらっしゃるかもしれないので、今回は、lubuntuのインストール手順について解説します。

1.まずはインストール用USBメモリを作る

■8GBのUSBメモリ(数百円~千円強で購入できます)を用意します。
■lubuntuをダウンロードします。(lubuntu公式ダウンロードサイトはこちら。)

・愛妻家のPCには、公式ダウンロードサイト先の画面にあるリンク「Download lubuntu (Intel x86) desktop CD」をクリック。USBメモリを保存先に選び、保存しました。

■USBメモリから起動させるためのインストーラーをダウンロードします。

こちらのリンク先から、lubuntu USB インストーラーをダウンロードします。
・リンク先のページを下にスクロールすると「Download and launch our Universal USB-Installer and follow the onscreen instructions」という表記があります。ここの「Download」のリンクをクリックすると、インストーラー(愛妻家がダウンロードしたときはファイル名「Universal-USB-Installer-1.9.5.2.exe」でした)がダウンロードできるので、USBメモリを保存先に選び保存します。

■USBメモリを開き、先ほどダウンロードしたインストーラー「Universal-USB-Installer-1.9.5.2.exe」をクリックします。詳細なインストール方法は、こちらのリンク先の「項目3. Universal-USB-Installerでインストーラー用のLiveUSBを作成」を参照ください。

これで、インストール用のUSBメモリは完成です。

2.PCをUSBメモリから起動し、Lubuntuをインストールする。

■項番1で作成したUSBメモリをインストールしたいパソコンに挿し、USBからPCを起動させます。(Dynabook S30 106S/2Wの場合は、電源を入れてすぐにF12キーを押下すると、どの媒体でPCを起動するかが選択できました)

■起動すると、以下の画面が現れます。ここからは写真で説明します。

◆まずは言語選択画面が現れるので、「日本語」を選択
lubuntu1.jpg

◆Lubuntuをどのように起動するかを選択する画面になるので「Lubuntuをインストール」を選択
lubuntu1 (1)

◆BIOSやWifiは自動検出されます
lubuntu1 (3)

◆インストール前に、インストールに必要な条件が表示されます。たった3つだけです。
lubuntu1 (4)

◆使用地域を選びます。日本の場合は「東京」を選択
lubuntu2 (1)

◆コンピュータ名と起動時のパスワードを設定します
lubuntu2 (2)

◆キーボードのレイアウトを設定。日本語を選べばOK
lubuntu2 (3)

◆ここから、インストールがはじまります。インストール中は、Lubuntuの特徴が画面で説明されます。
lubuntu2 (4)

lubuntu2(6).jpg

lubuntu2(7).jpg

lubuntu2(8).jpg

lubuntu2(9).jpg

◆インストールが完了すると一旦再起動。すると、先ほど入力したユーザ名とパスワード入力画面になります
lubuntu2(10).jpg

◆Lubuntu起動後、標準ブラウザのFireFoxでネット接続してみたところ。この後、すぐにChronium(lubuntuでのGoogleChrome)をダウンロードしてブラウザをChroniumに変更しました
lubuntu3.jpg

◆普通にネットも動画もOffice(互換のフリーソフト)が使えます
lubuntu4.jpg

■2,500円のPCがまだまだ使えるPCとして復活しました。大満足です!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。