スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が身を置く環境が自分を育てる。育ちの良さと社会での優秀度の相関関係を痛切に感じる今日この頃。

20131109.jpg

■愛妻家大田正文です。庶民です。

先日、いろいろな業種業界の方が集まる会合に参加してきました。
集まった方々は優秀な大学や職業の方が多く、みなさん育ちの良い方だなぁという印象を強く持ちました。

■今回の会合に限らず、ここ数年、いろいろな場で数千人を越える方々に会って感じるのは「育ちの良さと社会での優秀度には相関関係がある」ということです。

■何故、そう感じるのか。愛妻家が感じていることの解説として、凄く乱暴かつ突っ込みどころ満載の解説をします。

◆育ちの良さの一カテゴリ「学歴」で見た場合
プレゼンテ20131110

■わかりやすく解説するために、出身をハーバード大学・東京大学・その他に分類して比較(乱暴だ!)してみましょう。

(1)三者とも、社会で優秀な人材のトップは同じような方がいます(上限の人材の優秀度は同じ)

(2)ハーバード大学の学生は、世界トップレベルの試験をクリアしてきている学生のため、優秀度の最低ラインがかなり高いところにあります。

(3)日本国内トップの東京大学は、ハーバード大学にはかなわないものの、優秀度の最低ラインはその他よりも高いところにあります。

(4)その他の人たちは、優秀な人財のトップ頂点に、最低ラインに行くほど裾野が際限なく広がっています。


■…うん。我ながら突っ込みどころ満載だ。そもそも育ちの良さ=学歴だけではないだろうとか、こういう分類の時に「その他」を使うのは論理として破綻しているとか、そもそもお前が言う優秀な人財ってどういう定義だバカとか、その他もろもろ。

■別にここで学歴について論じたいわけではありません。
なんだかね、様々な国籍・年代・カテゴリの方々と直接会って話をする中で、

「自分が身を置く環境が自分を育てる」

ということを痛切に感じるのです。

■あなたも、愛妻家も。
日々、一ミリでも自分が身を置く環境をベストの環境に置くために行動していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。