スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【愛妻まんが】娘が「起業したい」と言ってきたら、親としてどう答えるか。アニス・ウッザマン氏講演「シリコンバレー流のイノベーション創出」を聴いて。

20130911.jpg

■愛妻家大田正文です。先日、アニス・ウッザマン氏の出版記念講演「シリコンバレー流のイノベーション創出」を聴いてきました。
ウッザマンさんは、日本でもシリコンバレーのような優秀な起業家がたくさん生まれて欲しい、という思いをもたれています。

■講演の中で、なぜアメリカでは起業の下地がつくられているのかを考察している部分がありました。

「アメリカでは、小学生のときから子供がレモネードを売って自分のお小遣いを稼ぐのです。子供たちは考えます。どの場所で、どの時間に売ればよりたくさんのレモネードが売れるか。これは立派なスタートアップ体験です。」

「アメリカの家庭では、子供が『起業したい』と話すと、親は大企業に入るのと同じくらい喜びます。」


■さて。
愛妻家は、将来娘が「起業したい」といったときに、親として祝福できるでしょうか。

うーん。

「起業してもいいけれど、人生のリスクヘッジとして結婚してからにしなさい。結婚にはどちらかに不測の事態があってももう一人の稼ぎで生きていける、というリスクヘッジの側面もあるから」


と、言ってしまいそうです。

◆本場シリコンバレー流の企業からEXITまで、生の情報を知りたい方にお勧めします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒comment

Secret

Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。