スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

きっかけは「熟年離婚」の恐怖。

今日から、愛妻家が勉強会・交流会に参加・主宰することで身につけた、人とのご縁のつくり方・継続のしかたをメインとしたブログをはじめます。みなさん、よろしくお願いいたします。

=====

「『熟年離婚』の恐怖。」

それが、
愛妻家が勉強会・交流会に参加するようになったきっかけです。

時はさかのぼること、2001年10月。
愛妻家は結婚と同時に、広島から東京に行く事になりました。

地元 広島からほとんど出たことがない、愛妻家とおくさん。
当然、東京に友人・知人は一人もいません。

「ふたりで力をあわせてがんばろう!」
そう誓って、東京での生活がスタートしました。

・・・それから時は経ち・・・。

ある日、ふと、気がつきました。

おくさんが、平日・休日を問わず、
「ちょっと友達とお茶してくるね。」
という日が多くなっていることに。

そう。
性格に裏表がなく、人当たりのよいおくさんは、
東京でたくさんの友人を作っていたのです。

対して、愛妻家は、仕事以外の友人・知人は相変わらずゼロ。
唯一の友人は、パソコンという状況。
愛妻家、完全なヒキコモリです。

愛妻家、大ピンチです。

「このままでは、60歳になったときに、確実に『熟年離婚』される!!」

と想いました。
いや、60歳まで夫婦関係が持てば御の字でしょう。 

「よし!愛妻家も社外の友人を作ろう!」

おくさんに熟年離婚されないようにするぞ!
そう決心した、30歳・2006年の秋でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「きっかけ」について

「きっかけ」について関連の記事。

⇒comment

Secret

blog 再開おめでとうございます

まささん、ご無沙汰しております。
ご活躍のご様子、陰ながら応援しております。

さて、センセーショナルなタイトル…
「熟年離婚」他人事じゃないわ~と思って
ついお邪魔しにきてしまいました…
まささんが引きこもりだったなんて…信じられない!
また遊びに来させてください~

しーさんへ(blog 再開おめでとうございます)

しーさん、blog再開初コメント、ありがとうございます!

>ご活躍のご様子、陰ながら応援しております。

しーさんの応援があれば百人力です!

「熟年離婚」。
そして週末ヒキコモリ。

これからどんどん、愛妻家の秘密(笑)があきらかになるので、また遊びに来てくださいね!
Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。