スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人生で大切なことは、みんなゲームから学んだ】 愛妻家大田正文の大好きなゲームたち その2 FINAL FANTASY Ⅳ(スーパーファミコン)

■たった一言の言葉との出会いが、人生を変えることがあります。
そして、その言葉に出逢えるのは、人や、本の中だけではありません。

愛妻家大田正文が人生を変える言葉に出逢ったゲーム、それが、FINAL FANTASY Ⅳ。

=======

■FINAL FANTASY Ⅳのキャラクターに、ギルバートというヘタレキャラクターがいます。
弱虫でモンスターと出逢うと、すぐに隠れてしまって戦わない王子 兼 吟遊詩人の役どころです。

彼は、モンスターに襲われ、アンナという恋人を失ってしまいます。

……ある夜、アンナを想ってハープを奏でるギルバート。
そこに、モンスターが襲ってきます。

■いつものように、隠れようとする弱虫なギルバート。
すると、アンナが宙に現れ、ギルバートにこう呼びかけます。

◆あなたは あなたがおもってるほど よわくないわ

20130119.jpg

■当時、高校2年生だった愛妻家大田正文、この言葉に、雷に打たれたような衝撃を受けました。

当時の愛妻家は、勉強ばかりして運動は苦手、気が弱く、前に出ることがない性格。
まさに、ギルバートのような人間だったのです。

本当、自分が思っている程、自分は弱くないかもしれない!
自信が無いと気弱になるのはもうやめよう!


■この言葉に出逢って以降、愛妻家は、人生で気弱になることをやめました

=======

■思えば、愛妻家の人生のブレイクポイントは、高校2年生の時だったなあ、と思います。

この一言に出逢っていなければ、今の愛妻家は創られていません。

■20年以上経った今でも、心に残る言葉です。


あなたもきっと、あなたが想っている程 弱くはありません。

だから。
今、この瞬間から、生き方に対するスタンスを変えませんか?





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

【人生で大切なことは、みんなゲームから学んだ】 愛妻家大田正文の大好きなゲームたち その1 Moon(プレイステーション)

moon.jpg

■愛妻家大田正文、ゲームウォッチ時代から、相当のゲーマーだった。

持っていたハードだけでも、ゲームウォッチ・ファミコン・PCエンジン・ゲームボーイ・PC-9801・メガドライブ・スーファミ・プレステ・セガサターン・NEOGEO CD・Nintendo64・PS2・Wii・Nintendo DSと多岐にわたる。
あれ、PC-6001とか、MSXシリーズもあったかも。

ゲーム好きが高じて、就職活動で内定をもらっていたゲーム制作会社に行くべきか、真剣に悩んだのも良い思い出。

■人生で大切なことは、人や本から人生を学ぶことと同列、いや、それ以上に、ゲームから学んだ人間だ。
文字通り、自分の思考・行動を構成する要素の半分以上がゲームからできている、と言っても過言ではない。

■そこで、2000タイトル以上はゲームをプレイしている愛妻家が、その中から、人生で大切なことを学んだ特におすめの珠玉のゲームたちを紹介していきたい。

=======

1.Moon(97年発売/アスキー・ラブデリック/プレイステーション)

■まずは、MoonのTV-CMを見て欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=D4bkzPptIzo

■既存のRPGへのアンチテーゼがいっぱい詰まった、本作品。
ネットでMoonをプレイした感想を読んでいると、みんな、意外と真のエンディングにつながる行動をしていないことに気がついたので、ココに残しておきたい。

■このゲームのキーワードは「扉を開けて」。

■終盤、主人公は、「扉を開けて」「光の扉を開けて」と、何度も言われる。
そして、ゲームの最後には、実際に光の扉が出てくる。
しかし、ゲーム中の扉は、主人公がどんなに頑張っても開かない。

■そして、主人公に迫り来る勇者。
勇者は、主人公が助けたアニマルたちを殺してどんどんレベルアップしていき、最後には主人公に剣をあげ、主人公は勇者にやられてしまう。

■そして、コンティニュー画面で、

CONTINUE?

→YES
 No


で、Noを選択すると、テレビゲームを止めて、外に遊びに行く=現実世界に戻る、というのがエンディングまでの流れだ。

■しかし、ほんとうの行動はそうではないのだ。
ここでの正解は、勇者が迫り、主人公が勇者に斬られてしまう前に、

プレイステーション本体のOPENスイッチを押して、ゲームが入ったCDの扉を開けること。
play_station.jpg

■プレイステーションの光の(CDディスクが入った)扉を開けた瞬間、勇者は崩れてしまう。
そして、再度プレイステーションの蓋を閉めると、

CONTINUE?

→YES
 No


の画面が現れ、ここで「No」を選ぶと、エンディングが始まるのだ。
ゲーム中の主人公は勇者にやられてもいないし、プレイヤーは、「自分の意志でゲームを止める」という選択を実際の行動で示したことで、逆に勇者を倒したことになる。

■このゲームは、プレイヤーに、

ゲームという仮想世界にひきこもって安住していないで、現実の世界を楽しめ!

ということを教えてくれるのだ。

=======

■愛妻家自身、このゲームをクリアした後は、ゲームから若干距離を置きはじめ、現実の生活(仕事・恋愛・遊び)をそれまで以上に楽しむようになり、今に至る。

■そして、今でも、現状維持に安住しそうになると、Moonの住人たちが言った言葉を、思い出すのだ。
なぜなら、長い人生の中には、安住を迫る誘惑はたくさんあるから。

「扉を開けて」

■そう。

これから先も、ずっと、人生の扉を開け続け、人生を楽しむために。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。