スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人の、絵本読み聴かせの会に行き、ポポロクロイス物語を想い出す。

◆先日の夜は。
大人の、絵本を読み聴かせの会に参加。

参加者の男性・女性に、絵本を読んでもらうと。

大人になっているからこそ気づける。
絵本の根底にある、深いメッセージがあることに気がつきます。

だから、愛妻家は、次々と読まれる絵本の物語の中に。
どんなメッセージが込められているのか。

それを考えながら、聴いていました。

◆紹介された絵本の中で。
愛妻家が感じたことを、一作品だけ書いてみます。

■「ぼくはくまのままでいたかったのに」


・「自分」という存在は、自分ひとりでは確認できない。「他者」が認識してこそ確認できる。
・その「他者」の認識が、「自分」の考えとずれていると、はじめは、自分に違和感を感じる。
・だけど、「他者」の認識がずっと変わらないと、間違ったままの「自分」を受け入れてしまうんだ。


『よくかんがえなければいけないぞ。』

この台詞こそ、この作品の全てだと感じた。

僕も、あなたも。
今の自分を立ち止まって。

『よくかんがえなければいけないぞ。』

◆場の雰囲気は。
とても落ち着いていて、大人の安心感を感じられます。

◆この感覚。

僕は。
十数年前に涙した、プレイステーションのゲーム。
ポポロクロイス物語のエンディング/ピエトロの旅立ちを想い出しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

愛妻家 大田正文

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。