スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「生協やパルシステムの裏の存在意義は、へそくりを貯めるためにある」 第81回日本経済新聞を読む朝食会を開催しました。



◆娘が生まれてすぐにパルシステムに入りました。愛妻家大田正文です。

今朝は、第81回日本経済新聞を読む朝食会を開催しました。

◆今日の新聞記事に、クックパッドの業績に関する話題が。そこから生協やパルシステムといった宅配業者の話題になりました。

「パルシステムには、増資積立金というのがあって、毎回200円引かれるんですよ。で、利息がつくんですけどその利率は銀行の普通預金より良いんですよね」

「あれって結構、『へそくり』になるんですよ。口座外のお金になりますから」

◆なるほど、生協やパルシステムまでチェックするパートナーは少ないはず。

図らずも、「生協やパルシステムの裏の存在意義は、へそくりを貯めるためにある」ということがわかった会でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

街中でふっと香る香水の香りであなたが昔の彼女を思い出す理由。



◆人間の記憶を最も呼び覚ますのは、嗅覚だということです。

プルースト効果

女性の皆さん、香り重要!
男性の皆さん、香り重要!


このエントリーをはてなブックマークに追加

最低賃金近辺(最低賃金に達しないことも多い)で社員を生かさず殺さず働かせないと存続できないようなブラック企業は社会に必要ない存在、という話。第74回 日本経済新聞を読む朝食会。を開催しました。

nikkei0510.jpg

■今朝は、第74回日本経済新聞を読む朝食会。を開催。総勢22名で、日経新聞の記事について話し合いました。

今日の一面にこんな記事があり、はたしてこの施策で中小企業の残業が抑制されるか、議論が白熱しました。

残業代 中小も5割増 長時間を抑制、政府検討

■議論が白熱し過ぎて、そもそも最低賃金近辺(月の総労働時間を月給で割ると最低賃金に満たないことも多い)で社員を生かさず殺さず働かせないと存続できないようなブラック企業は、社会に必要ない存在だよねえ、という話に。

帰宅後、偶然はてなのこのエントリーを読んで、益々その思いを強くしました。

新卒就職した会社を25日で辞めました

このエントリーをはてなブックマークに追加

「旦那の稼ぎがあって自分が稼がなくてもいい「勝ち組派遣社員」」。30名弱の方にお集まりいただき、第73回日本経済新聞を読む朝食会を開催しました。



■子育てを優先していたためしばらく開催できていなかった日本経済新聞を読む朝食会を開催しました。

今回も多種多様な職業のみなさんにご参加頂き、色々な知見を共有しました。

■特に興味深かったのは、女性活用の話題で出たこんな意見。


「私の職場では、総合職でバリバリ働いている女性はギスギスしていて余裕がない。一方、派遣で働いている女性は心に余裕がある。正直、派遣で働いているほうが幸せそうだ。私は、旦那の稼ぎがあって自分が稼がなくてもいいこうした派遣社員を「勝ち組派遣社員」と呼んでいる」

■日本経済新聞を読む朝食会。これからも毎月一回開催して行く予定です。

ご興味がある方は、ご一緒出来ると嬉しいです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の転機で何を判断し、どう行動したかを聴く。第72回日本経済新聞を読む朝食会。を開催しました。



■30人の人がいれば、そこには30通りの人生がある。愛妻家大田正文です。

■今朝開催した、第72回日本経済新聞を読む朝食会。では、参加者のみなさんが人生の転機で何を判断し、どう行動したかを話題として話し合う機会に恵まれました。

その中から、みなさんの人生に役立つかもしれない言葉を紹介します。

◆(我々を魚に例えて)同じ水槽(=環境)にずっと居ると、身体が大きくなって自分のいる水槽が小さくなる。そして水槽で身動きが取れなくなってしまう。だから、次の水槽に移るためにジャンプした。ジャンプした先に水槽はないかもしれないし、今より小さな水槽かもしれないが。

◆一度大海を経験した蛙は、たとえまた井戸に戻ったとしても大海を知っている。それが次のステップに繋がる。

◆20代は沢山の経験をする時期。30代は自分の専門性を磨く時期。30代を越えての転職独立は自分のこれまでの経験を活用できる分野で。


■人生の選択は一人ひとり異なります。あなたも愛妻家も、自分にとって「正解」だと自信を持って言える選択を日々積み重ねていきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでつながりましょう
Twitterでつながりましょう
プロフィール

Author:愛妻家 大田正文
Googleで「愛妻家」と検索すると画面下段の関連ワードに「大田正文 愛妻家」と表示される、Google先生にも認められる程の『超・愛妻家』。
(こちらをクリックすると確認できます)

『年302回の勉強会・交流会の達人』です。
1975年生まれ。広島県出身。
2008年の勉強会実績は、主宰、参加合わせて年302回。
“超・愛妻家”というユニークな肩書を武器に、現在も数多くの勉強会に参加している。
自らも、「日本経済新聞を読む朝食会。」「経営者とランチ交流会」「日経ビジネスアソシエを読む会。」「就活学生・社会人キャリア交流会」など、6つの勉強会・交流会を主宰する。
主宰勉強会・交流会ののべ参加人数は、3年間で3,000人を超える。

■さらに詳しいプロフィールは、日経ビジネスアソシエオンライン記事(←こちらをクリック)をご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
連絡/取材/学校・企業・イベント等講演依頼はこちら:24H以内に回答致します

名前:
メール:
件名:
本文:

愛妻家大田正文 講演履歴/メディア出演履歴/主宰勉強会
愛妻家大田正文著書 人生を変えたければ「休活」をしよう!購入はこちらから。
愛妻家著書 1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術 購入はこちらから。


■2012年1月台湾版の発売が決定しました。

■Kindle版が発売になりました。


ほんとうにありがとうございます。
愛妻家大田正文が放送作家・パーソナリティに。ラジオNIKKEIアサカツ!はこちら
◆愛妻家大田正文が【放送作家】【ラジオパーソナリティ】を務めた番組 ラジオNIKKEIアサカツ!「愛妻家大田正文の、妻と、人が好き。」(2012年1~3月放送)
febe.jpg
詳細はロゴをクリック
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。